Google+

従業員から申し出があった場合の、医師の面接指導

sc_img_08

図:医師による面接指導


ストレスチェック結果で「医師による面接指導が必要」とされた労働者から申出があった場合は、医師に依頼して面接指導を実施しましょう。 
申し出は、結果が通知されてから1月以内に行う必要があります。
また、面接指導は申し出があってから1月以内に行う必要があります。


医師の面接指導に関するポイント


医師の面接指導に関するポイントを下記に記載します。

■面接指導を受ける方法
高ストレスと評価された労働者が、医師の面接指導を希望する場合は、会社(人事部等)に申し出ます。
申し出は、書面・メール等で行います。結果が通知されてから1ヶ月以内に申し出るように事前に通知をしておきましょう。また、事業者は申し出に関しての記録を残すようにして下さい。

申し出のあった従業員に対しては、申し出のあった日から1ヶ月以内に行う必要があります。

■高ストレス評価者に対する、実施者からの申し出の推奨
高ストレス評価と通知のあった労働者うち、面接指導の申し出を行わないものに対しては、実施者から申し出の推奨を行うことが適切です。

実施者から申し出を行いやすくするために、会社に知られず相談できる窓口(カウンセリング)などの設置が望ましいとされています。
また、面接指導については、産業保険活動に従事している医師・産業医が行うことが望ましいとされています。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット