ストレスチェック実施後の集団的な分析と、職場環境の改善方法について

 ※この項目は努力義務です。

ストレスチェックの実施者に、ストレスチェック結果を一定規模の集団(部、課、など)ごとに集計・分析してもらい、その結果を提供してもらいましょう。
 
提出結果より、集団ごとに質問票の項目ごとの平均値などを求めて比較するなどの方法で、どの集団が、どういったストレスの状況なのかを調べましょう。 

また、集計・分析結果を踏まえて、職場環境の改善を行いましょう。
 
sc_img_13



図:集団的な分析と職場環境の改善
続きを読む