ストレスチェック最新情報

ストレスチェック義務化とは?メンタルヘルス法案とは?
企業の対応は?いつから?スケジュールは?
担当者が知りたいストレスチェック義務化に関する情報をお届け。
ストレスチェックのマニュアルや簡易調査表についても掲載中。

タグ:とは

ストレスチェック実施後の集団的な分析と、職場環境の改善方法について

 ※この項目は努力義務です。

ストレスチェックの実施者に、ストレスチェック結果を一定規模の集団(部、課、など)ごとに集計・分析してもらい、その結果を提供してもらいましょう。
 
提出結果より、集団ごとに質問票の項目ごとの平均値などを求めて比較するなどの方法で、どの集団が、どういったストレスの状況なのかを調べましょう。 

また、集計・分析結果を踏まえて、職場環境の改善を行いましょう。
 
sc_img_13



図:集団的な分析と職場環境の改善
続きを読む

面接指導結果の作成と、保管について

 

sc_img_11

図:面接指導結果報告書サンプル(厚労省資料より)


■面接指導結果の記録作成
 
面接指導結果の記録を作成しましょう。
以下の内容が含まれていれば、医師からの報告をそのまま保存しても構いません。

続きを読む

医師からの意見聴取と、高ストレス者の就業上の措置

sc_img_08

図:医師の意見聴取と就業上の措置


事業者は面接指導を実施した医師から、高ストレスと判断された従業員における就業上の措置の必要性の有無と、その内容について意見を聴き、それを踏まえて労働時間の短縮など必要な措置を実施しましょう。

意見聴取は、面接指導後1月以内に行う必要があります。


続きを読む

従業員から申し出があった場合の、医師の面接指導

sc_img_08

図:医師による面接指導


ストレスチェック結果で「医師による面接指導が必要」とされた労働者から申出があった場合は、医師に依頼して面接指導を実施しましょう。 
申し出は、結果が通知されてから1月以内に行う必要があります。
また、面接指導は申し出があってから1月以内に行う必要があります。


続きを読む

従業員へのストレスチェックの結果報告

sc_img_08


図:ストレスチェックの結果報告の流れ


回収した質問票をもとに、医師などの実施者がストレスの程度を評価します。
自覚症状が高い者や、自覚症状が一定程度あり、ストレスの原因や周囲のサポートの状況が著しく悪い者を高ストレス者として選び、医師の面接指導が必要な者を選びます。


結果(ストレスの程度の評価結果、高ストレスか否か、
医師の面接指導が必要か否か)は、実施者から直接本人に通知されます。



続きを読む

従業員へのストレスチェックの実施方法


図:ストレスチェックの実施

sc_img_07

質問票を労働者に配って、記入してもらいましょう。
使用する質問票は、以下の種類の質問が含まれていれば、特に指定はありません。


①ストレスの原因に関する質問項目 
②ストレスによる心身の自覚症状に関する質問項目 
③労働者に対する周囲のサポートに関する質問項目 


続きを読む

ストレスチェックのフロー


sc_img_06
図:ストレスチェックのフロー



50人以上の事業場を持つ、対象となる事業者は労働基準監督署へストレスチェックの実施状況を報告します。
行政への報告として、以下の項目等を1年に1回労働基準監督署に報告しなければなりません。



続きを読む

(1) 実施までのモデルスケジュール


ストレスチェック実施までには、様々な調整や確認があるため、
十分な準備期間が必要です。

sc_img_05
図:ストレスチェック実行スケジュール例

また、下記の調整には時間がかかることが多いため、スケジュールの調整には
注意が必要です。
■メンタルヘルス方針の決定
・・・どこまで対策に取り組むのか、予算の決定など

■企業内の実施範囲の調整
・・・地方拠点やグループ会社などをどこまで含めるのか

■労組・健保・産業医との提携


続きを読む

20150826_01


(1) ストレスチェックの骨子

事業者は、労働者に対して、医師・保健師による心理的な負担の程度を
把握するための検査(ストレスチェック)を実施すること。

事業者は検査結果を通知された労働者の申し出に応じて、
医師による面接指導を実施し、その結果、医師の意見を聴いた上で、
必要に応じ就業上の措置を講じること。


続きを読む

201508_01_02


(1) 相次ぐ事件や不祥事の発生

メンタルヘルス不全における事件や不祥事などは、事業継続上最重要ともいえる経営課題となっています。

過労による自殺や、精神障害の労災認定、また不祥事による風評被害は企業のブランドイメージはもちろんのこと、職場のモラルや勤労意欲の低下を招きます。

その影響により、企業行政の悪化や倒産のリスクは跳ね上がります。

それらの経営課題におけるリスクマネジメントとして、従業員のメンタル不調を早期に発見、早期の治療が可能な職場を作り、社員が安心して働ける企業風土作りが求められています。


続きを読む

↑このページのトップヘ